読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

言い訳ばかりでみっともない

  言い訳ばかりの人はみっともないとつくづく思う。立派そうに言ってても言ってることはクズだったり、ただの役立たずだったり、怠けだったり、聞いてて不快だ。


  ダメな人はダメだ、とこちらが正しく認識するしかない。



  そのくらいもう、ダメな奴はダメだったりする。



  なにも難しいことを言い訳せずにやれ!とは言っていない。



  自分で使った皿は自分で流しまで持って行きなね、程度のものなのに。




  それに対してグジグジグジグジ。




  いいから持ってけよ!と言うやり取りがもうすでに面倒くさい程度の話だ。



  そういうのに限ってマウンティング大好きだったりする。主に出来ないことの言い訳にマウンティングをして誤魔化すのだけど、その誤魔化しはいつしか本人の中で真実になっていくから終わっている。



  他人を貶めたり、学歴や収入で見下したり、いやそれ関係なくね?なことまで持ち出したり。




  自分で使ったものも片付けられないのがなに言ってんの?と突っ込もうものなら、自分レベルにもなると他人を使って片付けさせることこそがステータス!と謎の理論を展開していく。誤魔化しがその人の中で真実になる瞬間は、ぶっちゃけ殴り飛ばした方が早く問題がすみそうなほど。



  片付けないことの言い訳だけがどんどん膨らみこじれていき、最終的にさらなるクズになっていく。




私は何度か目にしてきた。馬鹿が馬鹿をうみさらなる馬鹿を作り上げるのを。



  例えば馬鹿な女が男は褒めておけば喜ぶから、ととにかく褒めちぎり調子にのらせ、馬鹿な男は「自分はすごいんだ!!!」と本当は劣等感の塊のくせに、塊だからこそジャンクな餌に食いつき間違ったプライドを太らせていき、「俺ってすごいからさぁ〜」と世の中に出ていく感じ。




  よくあるダメ女とダメ男の関係。でもお互いなにがダメでなにがヤバくてなにが馬鹿でなにがどうしようもないのか一切わからない。



  なぜなら馬鹿だから。



  としか、言いようがない。




  想像力もなにもない。その場しのぎのことしか頭にないからでしょう。




  ダーラダーラ言い訳ばかりしてる人よりも、サッと皿を片付ける人がいいわ。



  サッとゴミを捨てられる人がいいわ。




  簡単なことなのにねぇ。



  そこには学歴も収入も雇用形態も学校の成績も関係ないはずだよ。