読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

淘汰される悲しみ

  このまま自然淘汰されてしまうのか。社会に適応できず、残された道は精神を安定させるために薬漬けになってなにも感じずに生きていくしかないのか。



  仕事辞める?


  生きるの辞める?



  薬なんて飲みたくない!そんなもののために生きていたくない!



  そう強く思ったのが今となっては懐かしいですが、痛々しい過去を思い出すと胸が痛みます。あの時の私は追い詰められていました。



  泣いて泣いて苦しくて苦しくて。



  人生を立て直すのはこんなにも辛いのか、別に怠けて生きてきたわけじゃない、むしろ必死に普通とはどこか違う自分を隠して、マトモなフリして普通のフリして、頑張って頑張ってできることをしてきたはずなのに。



  もう、疲れた。



  なぜ私ばかりこんなめに。




  悲劇のヒロインぶってたわけではありません。人生が悲惨だっただけです。 


  が、それもあんまり他人には伝わらず。





  そういう時もあるよね(*´∀`*)



  で、片付けられていました。私他人なんて大嫌いです!の発端でもあります。無理解ほどキツイものはない。



  適応できず働けず、結婚生活も裏切りのうえに成り立ってたことを知り離婚し、なんかもうなにもかも上手くいかなくて、このまま死ぬしかないのかな。これが淘汰されるってことなのかな。




  と、よく思っては内心キレてました。




  ふざけんな!なんで私だけ!あんな奴らのために!あんな奴らは幸せに生きてるというのに!ふざけんな!



  と、キレてました。



  私の人生はそんなもののためにあるんじゃない。


  立て直せないならもう2度と立て直せなくていい!なんなら2度立ち直らない!



  こんな世の中捨ててやる!!!



  と、なるべく横に横にそれてやるという気持ちだけが育っていきました。



  だってバカらしいんだもの。努力しても泥沼にはまるだけだった。



  バカに認められるためになぜこちらまで無能にならなければならないのか、そんな疑問もあった。



  こうするのが普通、こうするのが当たり前。


 そのことになんの疑問も持たず、できない人は、途中で挫折した人はそんなにも




  そんなにも、他人を踏みつけながらなんとなく生きてきたボンヤリとした人間よりも劣ってるというのか!




  そう考えたらもうバカらしくて、バカらしくて。



  私は私の人生を甘く舐め尽くしてやる。



  と、そのくらいしかもうないのだなと、いつのまにか諦めるようになりました。




  憧れていたものにそれほど魅力を感じなくなりました。