読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

馬鹿な人達

  おれアメリカに行きたいねん!!バイトしよかなと思ったけどすぐ行きたい!職人になるんや!!


  貯金もしてないという30超えの男。仕事も鬱でできないそうな。でもとある女との出会いで外に出られるようになったとか。ついでにタカリまで覚えたらしい。


  全部◯◯ちゃんのおかげや!!



  馬鹿な男に馬鹿な女がなにか入れ知恵したらしい。




  私がこの人を変えてしまったんだ・・・。




 と、女は女で悦に入っていた。ワガママや男の扱いもイマイチだったブス。その男があなたのことを好きだというなら、このくらいのワガママ言えば?と提案してそれがうまくいったところで、女はさらに馬鹿になったように思う。

  


  全ては受け取るだけー!!私なにもしなくてもいいんだー!!



  と、狂っていった。普通の健全な若者は、なにもしないことを価値があるとは言わない。健康な心と体があれば、動かしたくなる、使いたくなる、なにかしたくなるのが生物ってもんでしょ?周りを見てみなよ、若者は動き、動かないのは病人かよほど老いた人だけよ。



  馬鹿な女が馬鹿な男を調子にのらせ、その様子を見てさらに馬鹿な女が馬鹿に磨きをかける負のループは、気持ちの悪いものだった。



  循環ー!と言っていたけれど、腐った水は周りに腐敗を広めるだけなので、そもそもの元を良くしなければならないという当たり前のことに、気付こうともしない。改善しようともしない、親のすねかじりまくりで苦労もできない、ママゴトしかできない。その環境は今になって思うと、とても不幸なことのように見える。



  話は戻って馬鹿な男は鬱を理由に(治ったんじゃねーのかよ)すぐに夢を叶えたい!ということを理由に、金を周りにせびり始めた。馬鹿な女が格好をつけるために「10万出すわ!あなたに賭けたいの!」とケチな餌をチラつかせた。


  その後その10万は理由を色々つけて支払われてはいない気がする。


  私がワクワクしないから!それなのに約束を守るためだけに払ったら、それは義務になってしまうから!


  と、いう謎理論で武装してね。



  男も男で、支払われていない10万を期待して、とらぬ狸をしていた。


 さっさとバイトでもした方がよほどすぐに稼げそうだ。なんせ10万だものね??私の人よりひくーい時給でも一月で余裕でそのくらい稼いでますし。



  

とらぬ狸をしつつ、「すぐに行きたいねん!」はすぐに実行されなかった。理由は


  あなたの星廻りだと、2ヶ月後のこの日が最良の日よ!運を味方につけてね!




  と、いう他の女の言葉から足踏みをしたからだ。ならマジで働く期間あるんじゃね?と不思議になるのだけれど、馬鹿なコミュニティというものは自分にも他人にも、ある一定のルールを守れば甘いらしい。デメリットとしては、低俗になるだけ、味方にしてもなんの力にもならない、なんなら迷惑かけられて逃げられることも多々ってところかな。


  あと空気読め!感がハンパないところ。



  糞の空気を吸ったら臭いだけなのに。



  そんなぬるま湯というより、汚水にまみれて、その男がどうなったかは知らないけれど。



  足るを知るんや!


  と言いながら他者に金をせびるただのケチ男。ホラ吹き。ダメ男。


 自分の脳を騙すんや!


  と言いながら鬱を理由になにもしない糞野郎。



  が、まともな人生歩めるとは思えません。



  世の中自分ではどうにもならないことのが多いのだから、自分でどうにかできる範囲では、努力を惜しまず生きていきたいですね。



  と、去年まで死ぬしかないのかな?と思ってた私は思うのです。


  苦労して懲りずに働いて、苦労して、懲りずに大変だけれど、経験こそが人の力になるのだと、かすかにでも思えるようになったのは嬉しい。それは私が懲りずに手にしたものです。


  怠けたものはそれなりのものしか手に入らないと、それなりのものしか価値を感じられないのだと、むしろ価値がわからないのだと、よくわかりました。

  わたしはそうはなりたくありません。