読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

引っ込んでる方がいい場合

  私が主役ー!!


  と、言わんばかりに出しゃ張る子によく遭遇した。

  それでなくても


  もっと世に広まって欲しい!


  だの


  これは世界を変える◯◯です!



  だの、頭のおかしいものは多い。


  それがどんなものであろうと、引っ込んでいるべきものというのは存在する。



  広まりゃいいってもんじゃない、表にでりゃいいってもんじゃない。



  出たら困るもの、というのは存在する。それを勝手に


  闇の勢力のせいで自分達は誤解を受けているだけなんだ!これは陰謀のせいだ!


  と、そのようなことを言い訳に自分達の受け入れ先が広まらないことをそのせいにする者もいる。


  普通に嫌われているという可能性は考えないし、なぜ嫌われるのかを考えようともしない。だから闇雲に、恐れが〜、だの、ブロックが〜だの、のたまう。


  不審者は信用されない、と一度肝に銘じて欲しい。

 

  馬鹿の一つ覚えみたいに


  これが真実です!!



  といえば万人が耳を傾けるとでも思ってるのか。真実よりもそのノリにまず拒否反応だされてんだよ。



  自分達がどんなにグループ内で



  素晴らしい!


  泣けます!

  

  シェア!


 もっと世にでるべき!!



  と、言っててもそれはそれ。



  類友でしか通じないものですから。そして類友には注意が必要。


  


  つるんでるうちら最強〜❤️



  と、馬鹿な若者がやってるのと同じになったら終わりだ。若者がやってるのはまだ、若気の至りでスルーされる余地がある。



  それをいい年こいた大人がやると、非常に面倒くさい。



  そして気持ち悪い。



  はしゃぎすぎて楽しいのは本人達だけ。プールの中で周りの迷惑考えずにバシャバシャと暴れまわる危険なグループにすぎない。



  プールはそういうところです??



  何事にも限度と良識というものがあります。



  ルール


  暗黙の了解


  人がいる限りそれは絶対に存在する。

  

  

  それを犯していい理由なんてそんなにないよ。


  しかもその理由が




  こんなことしてる私達すごーい!!


  目立ってるー!!


  とか、その程度のことが目的なんてふざけてる。



  それはもう引っ込んでいるべき存在というより、もう別のもの。



  きちんとした人達だって引っ込んでいた方がいいときは引っ込んでるんです。