読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

会いたい人

  会いたい人がいる。でも会えないし、会ったところで自信もない。私の思い通りにはならないし、昔に戻れるわけでもない。あの時の関係が私は好きだった。



  忘れた頃にまた夢に出て思い出す、もしかしたら一生続くのかもしれない(°_°)私は夢でも話しかけられない。自信がなくて、いつも同じことを繰り返す。



  夢だと途中で気づけたらいいのに(´Д` )





  こんな思いを持ってることが素敵なことなのか、苦しいだけなのか。でも生きている感じがするので、大切な思い出なのでしょう。



  記憶が古すぎてなんかもう色々褪せてるけど。




  会いたい人がいるってことと、いない場合出会いに対する気持ちが違うみたい。




  いない人は全てがぼんやりしてて、たくさんの人にとりあえず大量に会いたがる気がする。たくさん出会っとけばいつか出会える、と思ってるみたいに。


  私はそんな人とはたくさん出会った。縁だの出会いだのコレクションみたいに欲しがる。欲しいのはなんなの、たくさん人と会ったリストなのだろうか。話していても表面だけ、中身のある話もできない。形だけ欲しがる。表面だけのものだから面白みもないし魅力もない。人間はオモチャでも新しいゲームでもない。買えるものではないし、条件を揃えれば手に入るアイテムでもない。



   失恋を新しい男で癒す、というのも間違った前向きだと思う。下手したらさらにズタボロだ。私は会いたい人とはもう会わない。あったところで意味もないし、その人に執着してるようで夢を見ると自己嫌悪にもなる。その人との関係性がとても大切だった。付き合ってもないし憎まれ口ばかりお互い叩いていたけど。


  新しい出会い求めたって、かわりなんているわけないじゃない( ̄◇ ̄;)



  どんだけ長い時間をかけて作り上げたものだったのか。



  そんな時間を過ごせたことを嬉しく思う。

  



  短い人生で経験できたことを、あの思い出が土台になったことを嬉しく思う。




  かわりはいないけれど、あの人でなきゃ!!というものでもない。あの土台プラス今の私がいるだけだ。