読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

それぞれの選択 私はコレを選ぶ!!のテンションは異様

  私にひたすらマウンティングしてきた失礼な女性がいた。私はこいつとは話が永遠に通じ合わない自信がある。何一つ言葉が届かないし、彼女の周りもそんなようなのばかりだ。



  成長 選択 自由への憧れ 




  その前に人として頭の中身を一度リセットした方がいいとさえ思う。


  なにも届かない、なにも通じない。もはや同じ民族とは思えないほど、なにも。




  私はあなたのそういうノリが嫌いで受け付けないので、やめてくれませんか?



  という要望さえも




  そう感じる人もいるんだね!勉強になったよ!それでも私はあなたを愛してる!



  で、終了。



 




  



  どうやらここでも彼女はブログを書いているようで、粘着質な私は時々チェックしている。突っ込みどころ満載で不快で、私もなかなか趣味が悪い。



  そして今日も一つ気付いた。



  彼女のブログにはスターが一つも投げられていないし、コメントも書かれていない。コメント設定を閉じてるわけでもなさそうだ。コメントを書くボタンが存在しているから。



  そんなことがあり得るのだろうか( ゚д゚)



 どんな記事にもスターの一つや二つくらいはあって当然なものじゃないのか。




  私のブログだって細々としてるのに、読者登録もしていただいているし、スターもいただいてるぞ。




  うわぁー( ゚д゚)



  超寒い!!!!



  

  私は他人のために心を痛めることをやめた人や、できない人、悩むことをしなくなった人、一緒にいることをやめた人は



  終わってると思ってる。


  教祖ぶりたいがために他人に寄り添う行動は、寄生と同じなんじゃなかろうか。


  他人の脳を支配して、自分の求めてる自尊心をプクプク太らせて、その人の人生を壊していき、しまいには捨てる。



  この子はダメだった、私はステージアップしただけ。


  とかなんとか、最後まで他人を貶めて。



 自分がそこに加担したなどと夢にも思わず。思ってても、百の言い訳で無理やり乗り切る姿が目にうかぶ。


  無駄でも間違ってても、泥臭い人間の方が私は好き。私は自分の道を生きる!自分を信じてるから直感で選ぶ!と、嘘吹きながら自分より上だと信じているw人に陰でひたすらご相談してるような人は、その醍醐味を知らないだろう。



  こうしてみたら?


  ああしてみたら?




恋愛の仕方までわざわざレクチャーされて、悔しくはないのだろうか。





  おいおい





  選択はどうした。

    

  


 はなからなにも、選んでさえもないじゃないか。




  指定されたルートを通るだけ。


 


  

  どれだけたくさんの嫌な目にあおうと、どれだけたくさんの悲しい思いをしようと、それこそそんなものなにも誰も関係ない。


  成長もしない。



  役にも立たない。



   ただ嫌な目にあっただけ。



   なのにね。