読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

それ仕事になるよ?!のウザさ

  今はなんでも仕事になり、金になるらしい。


  ワークショップだの、講座だの、なんちゃってセラピーだの。



  稼げないのは稼ぐ気がないから!!



   それって、どうなの?(°_°)と、前から思ってはいた。でもそう信じてる人には何言っても通じないでしょ?



  延々と意識〜!だの、自己啓発〜!だの、やってればいいと思う。


  そうしてはじまる様々なワークショップや、講座や、なんちゃってセラピー。



  酷いのはそこに集ってるキラキラ女性達が、周りの人に目をつけて色々なことをしでかす。


「あなた、お料理作るのが好きなの?!ならそれは仕事になるわ!」


「あなた、お裁縫が好きなの?!なら、それは仕事になるわ!」


 

  なんでも仕事、仕事。お金、お金。


  聞いていてウンザリしてしまう。可能性があなたにはあるのよ!と、言いたいだけなんじゃないだろうか。相手のためというより、自分がただ言いたいだけ。そういう自分に酔ってるだけ。イケてる自分の演出。



  私は田舎に住み、祖母が郷土料理を作る話をした。それだけで


「田舎は今とても需要があるわ!婚活したいならそれを売りにすればいいのよ。家もあるし土地もあるでしょう?農業男子なんて素敵よね!

  それにお祖母様の郷土料理、これは文化継承になるわ。ぜひその料理を受け継ぎなさい、それがあなたの使命かもしれない。せっかくの財産ですもの、それにそれもお金になるわ。ワークショップを開けばいいのよ!」



  土地も家も親のものだし、親のものを私のもの!と勘違いするのはどうかしてる。それに私には兄弟もいる、もしかしたらその人には兄弟がいないから、そのへんの事情はわからないのかもしれない。


  都会から来た軟弱男を婿にむかえ、一緒農業やりましょ?なほどの設備も土地もないし、田舎=どこでも農業やれる土地がある!土地が余ってる!と思うのは無知過ぎる。

  今は空いた土地にソーラーパネルがズラリと並ぶ光景もよく見かけるようになった。



   人がいない過疎地、安い土地。地産地消


  なんて、もう古い価値観、古い田舎のイメージじゃないか?失礼しちゃうわ。


  挙句郷土料理でワークショップww



  馬鹿なんじゃないだろうか。




  もちろん、同じことを言っても


「そうか!その手があったか!私の未来が今開けた気がしました!なんにでも無限の可能性があるのだと!!!あなたのおかげで!!!!!!!!」




と、ラリる方もいるのでしょうが。多分言ってる方もこれが欲しいんでしょう?気持ち悪い。



  なんでも仕事、なんでもお金。ウンザリする。

 

  ただ私はこの空気が好き、地元は嫌いだけど自然に感動することもたくさんある。


  郷土料理も祖母が作るととても美味しい。市販のものより、これが手作りできる祖母スゲー、昔のレシピマジ貧乏人(私)に優しい!


  それだけでいいじゃんねぇ。




  馬鹿なんじゃないの?何度でも書くけど。



  使命だの大口叩いてないで、現実的な楽しみでもみつけたらいいのに。それがひいては自分のため、他人のため、になっていくんじゃないの?



  お金で未来は買えないんだよ。