読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

シフトくめないなら辞めちまえ

 ブラックバイト先について思うこと。

 

 絶対不可能なシフトを平気でくみ、それについて生じた不都合はバイトに処理させるクソのような店長に対して。

 

 

 シフトも組めないならマジ辞めちまえ!!!!

 

 と、毎度思います。

 

「この人数ではできません!!」

 

店長「そうですか??」

 

「できないので無理です!」

 

店長「えー、そんなに能力ないんですか?」

 

「あの人数でも無理だったのに、さらに減って私一人って無理でしょう」

 

店長「できると思うけどなぁ」

 

 

 という、アホのようなやり取りをしたことがありました。できない、と言えば完全に見下してくるような発言が次々店長から出てきます。4人でようやくまわしていた仕事を3人に減らされ、さらに2人に減らされ、まわらなくなっていることにすら気づいていないのです。気づいていない、というのはもう救いようがありません。

 

 いっそ殺せたらどれだけ楽でしょう。すべての問題はこの無能が責任者として存在し、なんら責任を果たすことなく面倒なことは全てバイトに丸投げしていることなのだから、もう改善のしようもないのです。

 

バイト一同「お前はこの店の数には入っていない」

 

 なんの貢献も労働も提供していないのだから、せめて人くらいそろえておけよ!!

 

 

 という願いもむなしく、店長が嫌いだという理由で辞めていく人が多数。

 

 そりゃそうだ。嫌いというより、無能と仕事したくない。バイトが一致団結して得た結果も、手柄は全て自分のものにするのだから、そんなヤツの下で働いているのは非常に馬鹿らしく、こっちもボランティアやってんじゃねーんだよ!!という気持ちにもなります。時給上がんねーし。

 

 店長「しょせんバイトなんだし」

 

 バイトを見下しそのバイトの労働と労力と良心の上にあぐらをかいている感じですね。底辺っているんだなぁ、としみじみ思いました。それについていく子たちもどうかとは思いますけどね。きっと人を嫌いになることで、自分を嫌いになりたくはないのでしょう。と、勝手に解釈しています。だって、思い切りバカだと思うよ。あんなのの下で働くのって。

 

 労力の無駄遣い、労働の搾取が日々行われているのが現状です。

 

 人が足りないからシフトもずるずる伸ばされる人多数。バックレが起きても

 

「非常識な人で困ります!お宅訪問してきます!」

 

 という嫌がらせもきっちり行います。どういう報復したらいいんだろうね。

 

 

私は近々辞めますが、その間の時間さえももったいなく思えます。