読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

与える喜び?

  時々与えることの素晴らしさを説きながら



「いい思いをさせてください!」




  という方がいる。私は思う。



  与えてますよ?もうすでに。



  あなたのいい思いとは、違いますけどね(=゚ω゚)ノ




  人生の与え合いなんて、往々にしてこんな感じだと思う。与えているのですが、形や物にしないとなかなか発見してもらえない。




  与えることの素晴らしさを説いていれば、説いていない人よりかは、なんかしらの施しを受けることもできるでしょう。



 哀れみから



  とか



  うるせーから



  とか




  そういう類のものも含まれますが、ね。私も乞食に遭遇して与えたことがあります。彼女も与えることの喜びを説き、自分は存在に価値があるからそれでギブアンドテイクを果たしている、とも聞きました。





  自分は存在に価値があり、相手からは対価として金銭を要求する。という、なんだそりゃルールなのですが。




  彼女の話を聞いて与えた、という気分よりは




  そんなに奢って欲しけりゃ奢ってやるよ。





  という、善意とは程遠い気持ちからでした。





  それを見て自分が優位に立とう!とか、私も神になろう!という気持ちはなく。




  はいはい、これで満足なの?へー。





  という、虫を見る目に似ている気がします。

  その彼女はさらに調子に乗り、とある店ではストラップを要求してきました。



  私と店の人に「これ可愛いー!!!」をたくさん言っていました。もちろん誰も「あげるよ」なんて言いません。




 その浅ましさ、アホさ加減を見てスルーしていたのです。人ってこんな簡単に木に登るのね、と見た瞬間でもありました。



   与えることを特別視している人も結構いるけど、実はしっかり与えあってますよ。


  それは奇跡でもなんでもない、当たり前の日常です。