読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

嘘の多い人たち

  嘘の多い人達に出会ったことがある。一人の人を崇め、特別視し、それ以外は自分も含めて下に見ていた。



  とにかく嘘ばかり。



  とあるセミナーに誘われ行ってみると、参加料が当初聞いていた二倍もした。あと礼儀にうるさかったけれど、



「ここは上座よ!」




  と言ってる場所はどう見てもその逆。




  嘘ばかり言う人だった。




   シェアしあう関係を広めたいと言いながら、内緒話の多い人たちだった。

  独り占めしたい!が、隠れている人たちだった。




   自分も他人も大切にせず、ただ言われるがままの金を払い、あの人はすごい!言うことを聞けば間違いがない。



  常にその人の言葉に馬鹿のように過敏になり、言うことを聞くだけの人生を送っていた。




  それを絶対だと心底信じているなら、他人を陥れてもかまわないのか?



  助けてあげるから金払え?



  いうこと聞け?




  なんだそれ。言ってることとやってることが違う人たち。


  恥はないのか?



  恥ずかしいという概念がないのか?




  恥を感じない、恥を知らない人は美学を知らない人のように見えた。





   それは教養がない、学がない、以上にどうしようもない絶望的な欠如な気がする。




   ただ信じているだけならまだしも、人を陥れ搾取する側にまわっていた。なぜかというと、簡単な存在意義を見出すため。




   ちゃっちい集団。