読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然に

病み闇ブログ。常に情緒は不安定。

乗り越えることに

  乗り越えることに意味をなくしました。



  乗り越えることが好きな人もいるけれど、私はそこに快感も達成感もない。




  また次の課題がやってくるから。それが本当に自分の課題なのかわからないような、理不尽なものも多い。





  本当に、必要?





  この先にはなにかが得られるとか、乗り越えたから立派だとか、外からの評価に合わせてることに、気づかない?




   私は合わせまくって壊れたんだと思う。苦しくて苦しくて、それでももがいたけれど、折れてしまった。




  なんかおかしい、とその頃から思うようになった。のかな?(°_°)その辺はよくわからない。でもまぁ、社会なんて適当なもんだなとは思う。




  たくさん頑張って我慢して、それでもひどいことばかりが起きて、私は立ち直ることを辞めた時期がありました。




  どんなに落ち込んでても、どんなに動けないくらいの鬱モードになっても、絶対に立ち上がる気持ちは常に持ってました。




  このままでいるもんか!





  それは、このままだったらどうしよう?と言う気持ちとセットでした。だからこそ、余計に表面には出ないけれど、心の奥ではメラメラと「いつか」に向けて進んでいました。納得いかない今を耐えることもできました。




  動けない、が一番辛い(´Д` )



  それでも、いつの間にか動ける日を信じていました。






   そんな辛ーい日々でもそんな不屈の精神的なものを持っていた私なのに、ある日






   もう私は二度と立ち直るもんか!!




  と、宣言するほどのショックな出来事に見舞われました。





  立ち上がっても立ち上がっても潰されるなら、もう二度立ち直るものか。



  一生このどん底で生きてやる。ふーんだ!!( *`ω´)ザマミロジンセイ!!




  それを見かねた弟が、なんか奢ってくれました。




  おまえ、いつそんな優しくなったんだ・・・。






 と、驚いたことを覚えています。




  まわりの見えない優しさに触れて、私はだんだん立ち直らなくてもいいんだな、という安心感を手にしました。




  あれから一年になるけど、今も適度に元気だし( ´ ▽ ` )ノ



   ジメジメじとじとしてるわけでもなく、普通に生活しています。私としてはどうするつもりもなかったのですが、いつの間にか楽しく走り回っていました。